JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





HACCP及び食品関係法

データ
文献番号 3360
文献名 HACCP及び食品関係法
英文名 ---
雑誌名 Fleischwirtschaft Vol.69 No.9 (1328)
掲載年 1989
著者 SINELL H‐J
発行機関 ---
概要

HACCP(被害分析防除ポイント)及び食品関係法の目的は,食品に由来する健康被害の除去を目的としている。食品関係法の内容,汚染防止,汚染分析などについてそれぞれ詳しい検討を行った。検討の過程で,食品関係法の目的が,汚染分析よりも汚染防止にあることを強調した。汚染防止については,欧州共同体で最近取りあげられているHACCPに関し説明

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

マレーシア産の魚介類は高頻度でVibrioに汚染されていることから、加工現場における交差汚染に注意しなけらばならない。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |