JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





自然産腸の標準品質試験

データ
文献番号 3357
文献名 自然産腸の標準品質試験
英文名 ---
雑誌名 Fleischwirtschaft Vol.68 No.8 (970‐972)
掲載年 1988
著者 SEEGER H SCHWEIGMANN A
発行機関 ---
概要

腸詰前の自然産腸100試料について官能的微生物学的,pH,食塩分,添加物について試験した。官能試験では排せつ物臭や不潔感の苦情,全バクテリヤ検数では200〜1,050,000個/g,サルモネラ菌は豚の小腸に,食塩量は0.02〜57.2%,添加物は豚の塩蔵腸のみソルビットを検出し他は検出せず,pH値は異常なかった

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

この研究は野菜における各種殺菌剤の効果の指標として大腸菌及びネコカリシウイルスの適性を評価したものであり、このような基礎データは、野菜の生産から加工までのHACCPにおけるCCPにおいて、重要である。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |