JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





海産食製品の質と安全の関係を呼びかける工業と規制の共通事項

データ
文献番号 3346
文献名 海産食製品の質と安全の関係を呼びかける工業と規制の共通事項
英文名 Industry and Regulatory Interface to Address Concerns for Seafood Product Quality and Safety
雑誌名 Federal Saltonstall-Kennedy Project NA88-WC-H-06065
掲載年 1990
著者 Jones, B., and Doolin, C.
発行機関 Southeast Fisheries Association, Inc.
概要

---

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

強酸性次亜塩素酸水および弱酸性次亜塩素酸水を脱イオン水、水道水、灌漑用水とで製造し、その保存法や有機物(牛の糞)の存在下で、これらの溶液の酸化還元電位の変化などについて検討している。その結果、酸化還元電位が848mV以下では、殺菌効果を示さないことや、有機物の存在下で酸化還元電位が低下することを示している。したがって、これらの溶液を殺菌剤として使用する場合、酸化還元電位をCCPとして監視する必要がある。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |