JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





食肉処理の豚の盲腸およびと体の経時的なサルモネラ汚染

データ
文献番号 3329
文献名 食肉処理の豚の盲腸およびと体の経時的なサルモネラ汚染
英文名 Effect of Time in Lairage on Caecal and Carcass Salmonella Contamination of Slaughter Pigs
雑誌名 Epidemiol Infect Vol.98 (323‐330)
掲載年 1987
著者 Morgan, I.R., F.L Krautil, and J.A. Craven.
発行機関 ---
概要

 

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

電気分解で調製する酸性電解水(AcEW)によるキュウリやイチゴに対する殺菌効果の検証はこれまで行われていなかったので、実験結果は参考になる。果物などの表層の殺菌は、一般的な殺菌剤では難しいので、AcEWは期待出来る。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |