JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





感染性下痢

データ
文献番号 3317
文献名 感染性下痢
英文名 Infectious Diarrheas.
雑誌名 Digestive Diseases in the United States: Epidemiology and Impact (85‐123)
掲載年 1994
著者 Helmick, C.G., P.M. Griffin, D.G. Addiss, R.V. Tauxe, and D.D. Juranek.
発行機関 U.S. Dept. of Health and Human Serv., Publ. Health Serv., Nat. Inst. of Health, Nat. Inst. of Diabetes and Digestive and Kidney Diseases.
概要

 

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

加熱殺菌が出来ないリンゴ果汁やオレンジ果汁などにおける大腸菌汚染で、特に腸管出血性大腸菌O157:H7の汚染は深刻である。従来から知られている紫外線照射法の有効性が確認され、アップルサイダーの場合でも有効と考えられるシュミレーション実験を実施し、有効照射量を決定出来たことは意義深い。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |