JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





生残るためのガッツ(腸管,元気)

データ
文献番号 3311
文献名 生残るためのガッツ(腸管,元気)
英文名 The guts to survive.
雑誌名 Dairy Ind Int Vol.67 No.7 (14‐15)
掲載年 2002
著者 ---
発行機関 ---
概要

プロバイオテイックスとはヒトの腸管内で生存して病原菌を抑えると共に,各種の健康効果を持った微生物である。DMS社(オランダ)が所有するLaftiシリーズLactobacillus acidophillus,L.paracasei,Bifidobacterium lactisの効果に関する動物実験結果を示した。いずれも加工工程を生残ってヨーグルト,果汁等に移行し,腸管内でリステリア,サルモネラ等への抑制効果を示した

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

食材、調理器具、調理設備、人の手指に付着している黄色ブドウ球菌が調理人を通して、種々の機械器具の移行するため、黄色ブドウ球菌食中毒を防止するためには、手洗いの履行が重要である。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |