JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





ATP活用で更に一歩前進

データ
文献番号 3304
文献名 ATP活用で更に一歩前進
英文名 Taking ATP a step further.
雑誌名 Dairy Ind Int Vol.60 No.10 (27‐28)
掲載年 1995
著者 ---
発行機関 ---
概要

1996年度には,EU衛生指導当局の食品衛生の規制が更に厳しくなる。そのため,HACCPを活用した工程の危機分析が必須重要事項となる。Celsis社とLever社は提携し,乳業界用の高感度衛生モニタリングシステム「シュア」を開発した。微生物中のATPがルシフェラーゼ酵素と蛍光発色反応を活用したもので,その概要を紹介

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

牛乳工場において一年間に渡りListeria monocytogenesのモニタリングを行い、作業環境で最大の汚染源が床の排水溝とステンレス製ステップであることを示した。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |