JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





米,製品の安全性を新たに考える

データ
文献番号 3278
文献名 米,製品の安全性を新たに考える
英文名 A new look at product safety.
雑誌名 Dairy Foods Vol.87 No.5 (53)
掲載年 1986
著者 HORWICH A
発行機関 ---
概要

米国乳業協会(UDIA)は’85年春シカゴのHillfarm Dairy社のサルモネラ事故の報告を受けて,経営首脳,弁護士などから構成される事故対策委員会を設置し,マニュアルを作製した。この種の事故にどのように対処するか,今後再発を防ぐために業界と行政当局はどんな対策を講じたらよいか,業界の将来はこの二つの問いに対する回答にかかっている

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

"EDTAはnisin,リゾチーム、monolaurinの大腸菌に対する抗菌活性を増強する。また、ラクトフェリンはそれ単独では用いた菌の発育を阻止しなかったが、nisinのリステリアに対する抗菌活性を増強した。また、ラクトフェリンとmonolaurinO157:H7の発育を阻止したが、O142:H21の発育を阻止しない。これらの抗菌活性はUHTmilkを用いた場合、TBS培地を用いた場合に比べて低い活性を示す。サルモネラやP.fluorescensに対する抗菌活性が低いのは、外膜やLPSの構造の違いによるものと考えられる。"

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |