JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





人の食品媒介疾患に関する最新情報

データ
文献番号 3272
文献名 人の食品媒介疾患に関する最新情報
英文名 Update on human foodborne disease.
雑誌名 Dairy Food Sanit Vol.9 No.5 (254‐255)
掲載年 1989
著者 MILLER M
発行機関 ---
概要

アメリカにおいて食品由来感染/中毒症は,感冒に次いで2番目に多い短期疾患である。サルモネラ,カンピロバクター,その他の病原菌による獣肉/家禽肉由来中毒症患者数は,おそらく毎年500万人以上で,死者は9,000人を超えている。CVM動物飼料安全性部門は,“動物飼料微生物汚染(防止)計画”を発足させ,1989年から動物飼料の汚染実態調査を開始する。これにはペット用飼料も含められる予定

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

FTAフィルターは少量の芽胞からも DNA を精製でき、しかも PCR 反応を阻害する物質を取り除くことができるので、そのままPCR の鋳型として使える。従って nested PCR をすることで簡便で高感度に芽胞形成菌を検出できる。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |