JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





公衆衛生とヨーグルト,その他発酵乳製品との関係

データ
文献番号 3243
文献名 公衆衛生とヨーグルト,その他発酵乳製品との関係
英文名 Public health concerns of yogurt and other fermented milk products.
雑誌名 Dairy Food Sanit Vol.6 No.1 (10‐11)
掲載年 2000
著者 SMITH W EMERY H C
発行機関 ---
概要

発酵乳製品の乳酸かん菌属や他の微生物生態学的性状を示した。アシドフィルスミルクなどの低pH,高酸度の製品では,サルモネラ属やブドウ球菌属などの病原菌に対して生育阻害作用を有し,冷蔵なしに食品の保存が可能。第3回健康と乳酸菌に関するセミナについて,血中コレステロールの血管壁沈着阻害,VBグループの生合成など7項目を紹介

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

"生スプラウト(芽生え)の種子消毒において、サルモネラ菌、大腸菌、好気性細菌は同じ速度で不活性化された。8%過酸化水素水、20,000ppm塩素、1%水酸化カルシウムが効果的である。"

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |