JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





牛肉加工処理と関連した3種の安全策に関する消費者意識

データ
文献番号 3223
文献名 牛肉加工処理と関連した3種の安全策に関する消費者意識
英文名 Consumer perceptions of three food safety interventions related to meat processi
雑誌名 Dairy Food Environ Sanit Vol.21 No.7 (570‐581)
掲載年 2001
著者 SCHROETER C PENNER K P FOX J A
発行機関 ---
概要

牛肉による食事性疾病のリスク意識をカンサス州住民37名のフォーカスグループで調査。HACCP手法のみの肉,蒸気殺菌または放射線照射した3種の肉によるハンバーガーの焼き具合の好みを調べた。蒸気殺菌とwell‐done,放射線照射とmediumのハンバーガーが好まれた

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

食品製造・加工時の作業工程の自主衛生検査を行う場合には、製造現場における簡便で効率の良い微生物検査法の確立が重要である。簡便で必要なときに微生物検査が行えるコンパクトドライは専門的な知識がなくても菌の検出が可能であることから、製造工程のモニタリング等に使用可能であると考えられる。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |