JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





小売市場で購入した生鮮ニジマスにおける[Listeria]汚染

データ
文献番号 3205
文献名 小売市場で購入した生鮮ニジマスにおける[Listeria]汚染
英文名 Listeria species in fresh rainbow trout purchased from retail markets.
雑誌名 Dairy Food Environ Sanit Vol.19 No.2 (90‐94)
掲載年 1999
著者 ANTHONY B A DENTON M E ANN DRAUGHON F
発行機関 ---
概要

31カ所で74試料を購入し,USDA及びFDAの方法により何種類かの培地で検査した。40試料が少なくとも一つの方法でリステリア陽性を示した。この40試料は,FDAの方法では37試料,USDAの方法では30試料が陽性であった。生鮮ニジマスにリステリアの存在が多いことは明白で,大腸菌群がg当たり10の5乗以上のものの90%以上はリステリア陽性であった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

鶏肉中のCampyrobacterを簡便に検出できるので、Hazard Analysisにおいて汚染鶏肉を選別できる。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |