JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





陳列ケースで牛挽き肉は1日以上保存することができる

データ
文献番号 3193
文献名 陳列ケースで牛挽き肉は1日以上保存することができる
英文名 The case life of ground beef can be greater than one day.
雑誌名 Dairy Food Environ Sanit Vol.17 No.10 (644‐650)
掲載年 1997
著者 GORDON GREER G WOROBO R J STILES M E LOWER R
発行機関 ---
概要

屠殺場内の加工工場で作った牛挽き肉の微生物状態が,原料から店頭販売までの過程でどう変化するかを調べた。原料屑肉の粗挽き肉の細菌数は約1000個/g(うち,大腸菌は10個以下)で,輸送中(平均温度0.5℃,最高4.5℃)には増えなかった。これを小売店で4℃で貯蔵後,開封して改めて細挽きにした上で通気性パックに再パックし,6℃の陳列ケースに並べたが,この間の優勢な細菌フローラは乳酸菌であった。工場製造の真空パック粗挽き牛肉は20日は保存でき,細挽きして小売店頭で好気的に陳列してもなお2日半はもつと結論した

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

Pseudoalteromonas属菌は病原菌ではないので、HACCPの対象とするHazardではない。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |