JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





自己殺菌性スポンジの使用による家庭ちゅう房環境での細菌汚染の低減

データ
文献番号 3191
文献名 自己殺菌性スポンジの使用による家庭ちゅう房環境での細菌汚染の低減
英文名 Reduction of bacterial contamination in the household kitchen environment throug
雑誌名 Dairy Food Environ Sanit Vol.17 No.9 (550‐554)
掲載年 1997
著者 ENRIQUEZ V E GERBA C P ENRIQUEZ C E
発行機関 ---
概要

食品に付着した病原菌が家庭で使う食器洗い具を通じて病気の原因となる例が多い。これを防ぐものとして開発された食器洗い用の自己殺菌性スポンジ(3M社製)の殺菌効果を調べた。家庭のちゅう房で食器洗いに使った自己殺菌性スポンジに付着した一般生菌,総大腸菌及び糞便性大腸菌を,一般スポンジ,布巾を対照として平板培養した。またこれらの洗浄具から手指や食器表面に移ってくる菌数も調べた。いずれの場合も,自己殺菌性スポンジを使うことにより総大腸菌及び糞便性大腸菌の数は有意に減少した

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

畜牛の糞便中に存在するCampyrobacterを迅速に検出できることで汚染牛を選別できるので、屠殺処理の際の食用部分への汚染に対し注意を払うことが出来る。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |