JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





アメリカ家庭の台所から集めた使用したセルローススポンジ及び綿製ふきんの微生物学的調査

データ
文献番号 3181
文献名 アメリカ家庭の台所から集めた使用したセルローススポンジ及び綿製ふきんの微生物学的調査
英文名 Bacteriological survey of used cellulose sponges and cotton dishcloths from dome
雑誌名 Dairy Food Environ Sanit Vol.17 No.1 (20‐24)
掲載年 1997
著者 ENRIQUEZ‐GORDILLO KENNEDY D I ENRIQUEZ C E GERBA C P
発行機関 ---
概要

台所の洗浄用の道具が生ものの食品から汚染され,潜在的な危険となる例は多い。スポンジ325個,ふきん75枚をアメリカ主要4都市の家庭から集めて,大腸菌群及び大腸菌数を計測した。またスポンジ140個から23種類の細菌を,ふきん56枚からは13種類の細菌を同定した。スポンジ,ふきんとも台所環境のいろいろな表面,手指及び食品の重要な汚染源となっていると考えられる

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

ready-to-eat食品(そのまま食べる食品)の製造において、原料受入時点での危害分析がより正確に行えるといえるが、ready-to-eat食品の製造では、E coli 陰性が要件なので実製造面ではあまり役にたたない。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |