JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





食品の細菌学的安全性に関する新聞報道

データ
文献番号 3160
文献名 食品の細菌学的安全性に関する新聞報道
英文名 Food safety issues: Press reports heighten consumer awareness of microbiological
雑誌名 Dairy Food Environ Sanit Vol.14 No.10 (580‐589)
掲載年 1994
著者 MATTHEWS M E OLLINGER‐SNYDER P
発行機関 ---
概要

1990年から4年間に9全国紙で報道された食品と給水の細菌学的安全性に関する206の記事を紹介し,具体例も記述。食中毒発生要因として,食品の保持温度の誤り,個人の衛生観念の不足,加熱不足,汚染された調理具,不安全な食品の入手について解説。今後食中毒を減らすためには,HACCPシステムとフードサービスマネージャー認可制度が役立つ

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

飼料購入時に飼料中のサルモネラ属菌の検出ができるので、サルモネラ属菌フリーの飼料を家畜に投与でき、より衛生的飼育が可能となる。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |