JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





非製造部門のGMP

データ
文献番号 3141
文献名 非製造部門のGMP
英文名 Good manufacturing practices(GMP) are critical for non‐production employees too!
雑誌名 Dairy Food Environ Sanit Vol.14 No.1 (8‐10)
掲載年 1994
著者 FAHEY T
発行機関 ---
概要

牛乳工場における管理,保守,外来者等非製造部門の人のGMPについて,その要点を記述。非製造部門の全ての人に対して,手洗いの励行,土等の汚染源の持ち込みの防止,着衣の清潔性,処理場での禁煙の重要性を指摘。更に,工場周辺の環境の保持と汚れ物の処理,器具・用具に対する汚染防止注意,外来者からの汚染防止対応等について記述

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

逆境に強いリステリアは、ある種の環境ストレスにさらされることで病原性や致死因子に対する抵抗性が増すことが報告されている。ここではリステリアを飢餓状態 におくこと(starvation)で電子線照射に対する抵抗性が影響されるか、さらに病原性が影響されるかということについて調べた。Starvationはリステリアの病原性には影響しなかった。8日間生理食塩水中でstarvation すると電子線照射抵抗性が最高になった。生理食塩水で照射しても、豚挽き肉中で照射しても飢餓状態においた菌は対照に比べて抵抗性が増した。このことからL. monocytogenesを飢餓状態におくことは電子線照射殺菌に対して逆に保護することになるということが示された。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |