JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





食品加工業者及び取締担当官に対するHACCP技術の教育

データ
文献番号 3116
文献名 食品加工業者及び取締担当官に対するHACCP技術の教育
英文名 Teaching HACCP techniques to food processors and regulatory officials.
雑誌名 Dairy Food Environ Sanit Vol.11 No.10 (562‐568)
掲載年 1991
著者 BRYAN F L
発行機関 ---
概要

HACCP(危害分析重要管理点)システムの教育を実施すべき対象を次の6群に分け,それぞれに対してどのような知識,技能,態度を植えつけるべきかを表で示す。1)HACCPを評価し,HACCPを確立すべき人,2)各管理点で食品を調製,加工操作を行う人,3)各管理点を監視する人,4)各管理点を含む操作を監督する人,5)監視作業を監査する人,6)食品の安全性,品質保証及び食品取締り業務を遂行する人。教育目標として,プログラムに対する指示,学ぶべき基本原理と達成水準を与えることから開始すべきで,成果測定も必要であると

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

この菌は60℃では1〜3分で死滅するが低温(-18℃)で90日生きていた記述がある。病原性の菌は熱に安定な腸毒素をつくり、毒素は100℃、20分で壊れない。毒素の分子量は9000から9700ダルトンで、染色体yst遺伝子である。従って、取り込む賭殺豚の汚染を防ぐ米国FDAの基準を実施するか、屠殺体に汚染がないことを確認して流通する必要がある。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |