JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





小売業のHACCP

データ
文献番号 3113
文献名 小売業のHACCP
英文名 HACCP in the retail food industry.
雑誌名 Dairy Food Environ Sanit Vol.11 No.2 (73‐81)
掲載年 1991
著者 ---
発行機関 ---
概要

危険分析重点コントロールシステム(HACCP)の実施に当って重要な7項目を紹介し,小売業における病原微生物汚染の排除,殺菌済食品の低温流通等への適応上の問題点について記述。HACCPは化学産業から発展したが,食品流通業界では先ず病原微生物ボツリヌス菌やサルモネラ菌の汚染防止に重要なシステム。殺菌済食品では微生物の他,化学物質や異物汚染の防止にも本システムは効果的で,低温増殖性のあるリステリア菌のコントロールも可能。最近は店内や生活空間における水,空気のコントロールの他無菌性や無挨性の維持等にも重要。食品別

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

腸管出血性大腸菌O157:H7で汚染された牛肉を卓上ボール型カッターで調理した場合に、調理済牛肉と調理器への汚染の分布を明らかにするとともに、それに続く調理器の使用による食品の汚染拡大の確率分布を明らかにした。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |