JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





細菌検査法の革新

データ
文献番号 3109
文献名 細菌検査法の革新
英文名 Detection revolution.
雑誌名 Dairy Field Today Vol.176 No.3 (61‐64)
掲載年 1993
著者 ---
発行機関 ---
概要

乳製品に関する新しい細菌検査法には,公定法である標準寒天培養法に代ろうとするものと,病原菌または非有用菌の分離・同定・数量化を正確・迅速に省力化して行おうとするものと2通りの方向がある。2〜3年前のHillfarmサルモネラ事件やチーズのリステリア事件などにより迅速性が求められるようになった。新しい方法には,抗体,DNAプローブ,酵素・蛍光イムノアッセイなどがある。FDA未承認のATPによる方法も略述

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

大きな問題を起こす病原菌には属さないで、防除に使うペンタクロールフェノールが発癌性を持つので、問題になる。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |