JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





工場紹介 前進する企業 Frigo Cheese社

データ
文献番号 3108
文献名 工場紹介 前進する企業 Frigo Cheese社
英文名 Plant close‐up. Frigo Cheese Corp. Moving forward.
雑誌名 Dairy Field Today Vol.175 No.5 (43‐47)
掲載年 1992
著者 ---
発行機関 ---
概要

イタリア系のFrigo家が1908年に創業した標記会社は「常に前進,後退なし」をモットーに,ウィスコンシン州Lenaでチーズ作りにはげんで来た。同社の品質へのこだわりは,全員参加によるTQM活動と同社独自のHACCPの導入によって支えられている。無菌に近い充填包装やクリーンな空気の工場への供給によりシェルフライフが向上している。その他HTST殺菌など同工場の特徴について紹介

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

ボツリヌス毒素は熱に強く、極めて毒性が強い為に、A型では1ミューグラム/kgの致死量である。従って、西洋唐辛子を使う場合、安全なものを使わないと駄目である。それには、原料を最適と思われるELISA法で調べて、徹底的に流通から除去する必要がある。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |