JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





調査頻度を決めるための方法としての危険因子評価の使用

データ
文献番号 3102
文献名 調査頻度を決めるための方法としての危険因子評価の使用
英文名 Using Risk Assessment as a Method of Determining Inspection Frequency
雑誌名 Dairy and Food Sanitation (468‐474)
掲載年 1985
著者 Briley and Klaus
発行機関 ---
概要

---

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

胡麻飴の製造工程(120℃以上の高温で製造される)から製造過程での汚染は考えにくい。包装過程や輸送過程での汚染も考えられるが、胡麻の収穫過程で汚染された可能性が最も高いと考えられる。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |