JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





HACCP:食品安全への寄与における現状と未来

データ
文献番号 3098
文献名 HACCP:食品安全への寄与における現状と未来
英文名 HACCP: Present Status and Future in Contribution to Food Safety
雑誌名 Dairy Food and Environmental Sanitation (650‐655)
掲載年 1994
著者 Bryan, Frank
発行機関 ---
概要

---

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

対象物はウイルスで、報告で解明している如く、ウイルスが生食する食品に付着して、汚染が拡大して行くものであるから、原料を他から持ち込んだウイルスが汚染して、汚染物を加熱によって汚染除去が出来ないのであるから、原料、商品に接触するものを、一切、消毒手段によって断たなければならない。この報告書によって、接触汚染が高度の確率で汚染の際は行われている事が解明されている。分散分析法で解析されているので充分信頼に足ると考えられる。作業解析を行い、接触機会のあるものは消毒済みのものとして、確認を充分にする事である。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |