JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





HACCP--工業食品安全自己制御プログラム--パート6

データ
文献番号 3096
文献名 HACCP--工業食品安全自己制御プログラム--パート6
英文名 HACCP--An Industry Food Safety Self-Control Program--Part VI.
雑誌名 Dairy Food and Environmental Sanitation Vol.12 No.6 (362‐365)
掲載年 1992
著者 Snider, O.P., Jr.
発行機関 ---
概要

---

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

ウエルシュ菌の芽胞は加熱によって発芽が促進されるので、調理後の食品冷却時間がウエルシュ菌食中毒の予防において重要であるが、国毎に食品冷却時間のガイドラインが異なっている。本研究によって調理後の65℃から10℃までの冷却時間は5時間以内であることが望ましいことが明らかとなり、デンマークでの3時間以内という規制は厳しすぎることが示された。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |