JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





[Listeria monocytogenes] タフな微生物

データ
文献番号 3041
文献名 [Listeria monocytogenes] タフな微生物
英文名 Listeria monocytogenes: One tough microbe.
雑誌名 Broiler Ind Vol.60 No.6 (27‐28)
掲載年 1997
著者 RUSSELL S
発行機関 ---
概要

日和見で殺菌困難な標記の微生物は,HACCPやGMPの励行でかなり防止しうるが,アメリカの食品チェーンや家禽肉工場から絶滅するのはほとんど不可能であろう。リステリアに感染しても健康者は徴候が現れないこともあるが,発症者の死亡率は26%で,リステリア症によるアメリカ全体の各種損失は2億ドルを超える。低温でも中温でも生育しうる特性があること,リステリア防御法としての第三りん酸ナトリウムや水酸化ナトリウムに対する抵抗性,加熱耐性のあること,照射の効果,食肉及び工場での生息箇所などについて記述

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

市販されているジャム類は低糖化が進んだため、Asp. favusなどのカビ類の増殖が見られるようになった。一方、ジャムを製造する際に生成される香気成分の一つであるフルフラールは、カビ類の生育を阻止することがわかった。フルフラールの抗菌力は0.1〜0.25μl/g添加で、30日間ジャムでのカビの生育を阻止することを明らかにした。したがって、フルフラールは、ジャム類の日持ち向上剤として期待される。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |