JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





アメリカ農務省食品安全検査局による食中毒低減策に関する提案

データ
文献番号 3034
文献名 アメリカ農務省食品安全検査局による食中毒低減策に関する提案
英文名 The FSIS Pathogen Reduction Proposal.
雑誌名 Broiler Ind Vol.59 No.2 (16)
掲載年 1996
著者 RUSSELL S M
発行機関 ---
概要

標記の当局は,現在の食肉検査が1906年制定の法律に基づく官能検査中心で,当時は食中毒菌に対する監視が少なかったとして,1995年に新たにHACCP方式をもとにした規制案を提案した。企業の規模により実施期限は異なるが,1〜3年以内となっている。食肉・家禽肉処理施設における標準衛生手順(SOPs),微生物対策,温度基準,HACCP実施上及び食中毒菌低減における問題点について概説した

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

Bacillus属細菌は食品製造環境中の様々な所に分布し、食品を汚染し、腐敗に至らしめる。本稿では、食品の変敗に関与する各種Bacillus属細菌の性質、検出法及び各食品での汚染状況、食品工場での分布状態について解説している。

危害情報


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |