JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





農産物の各種汚染指標菌の検討

データ
文献番号 294
文献名 農産物の各種汚染指標菌の検討
英文名 ---
雑誌名 HACCP Vol.6 No.6 (57‐63)
掲載年 2000
著者 斎藤章暢
発行機関 鶏卵肉情報センタ-
概要

農産物の微生物汚染実態を把握するため,各種農産物(63種類,各2〜6検体,合計200検体)を対象として6種類(一般生菌数,大腸菌群数(平板法),BGLB法,大腸菌,腸球菌,クロストリジア数)の汚染指標菌を測定した。得られた結果について考察するとともに病原性細菌の腸管出血性大腸菌O157,毒素原性大腸菌,サルモネラ及びリステリアの検索を行った。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

青果卸売り市場に入荷した63品目200検体から可食部25gに含まれる細菌について、一般細菌数、大腸菌群数(平板法)、大腸菌群(BGLB法)、大腸菌、および芽胞形成亜硫酸還元嫌気性菌(クロストリジア)、腸球菌の6項目について検査を実施した。その結果一般細菌数と大腸菌群数は高い傾向にあり、大腸菌や腸球菌のモニタリングと生産段階における食品媒介感染症を念頭に入れた衛生管理が重要となると考えた。

危害情報 危害情報156・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 培地 惣菜
危害情報157・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 培地 惣菜
危害情報158・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 培地 惣菜
危害情報159・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 培地 惣菜


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |