JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





特集『HACCPの現状』

データ
文献番号 2650
文献名 特集『HACCPの現状』
英文名 ---
雑誌名 品質 Vol.27 No.3 (282‐314)
掲載年 1997
著者 ---
発行機関 日本品質管理学会
概要

---

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

ジュース(リンゴ、マンゴー、オレンジ、トマト)中のE. coli O157:H7に対する物理的処理(熱、パルス電気フィールド(PEF))とカルバクロールの併用効果を検討した。5 logの減少までの加熱(54℃)殺菌時間が1.3mMのカルバクロールの存在で1/3〜1/6に減少した。PEF 30kV/cmのみの処理では50回でも1 log程度の減少であったが、併用により、20〜50回で5 log減少した。

危害情報 危害情報5792・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 食品 清涼飲料水


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |