JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





ISO9000とHACCP(特集『HACCPの現状』)

データ
文献番号 2645
文献名 ISO9000とHACCP(特集『HACCPの現状』)
英文名 ---
雑誌名 品質 Vol.27 No.3 (310‐314)
掲載年 1997
著者 加藤洋一
発行機関 日本品質管理学会
概要

---

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

L. monocytogenesの培養液を容積変動型高圧装置に入れ、超臨界炭酸ガスを使用して殺菌条件について検討し、減圧速度と微生物懸濁液と炭酸ガスの比率が殺菌への影響が大きいことを示し、至適条件下では、6 log cfu/mlの菌が死滅することを示している。一方、本処理では、熱に不安定な栄養成分、官能成分、栄養的特徴の変化を少なくできるだけでなく、賞味期限を延長できることから、これからの殺菌方法の一つとして期待できる。

危害情報 危害情報5728・生物的危害 培地


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |