JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





HACCP導入と品質管理への取組み(その2)

データ
文献番号 2643
文献名 HACCP導入と品質管理への取組み(その2)
英文名 ---
雑誌名 標準化と品質管理 Vol.52 No.5 (46‐51)
掲載年 1999
著者 落亨
発行機関 日本規格協会
概要

---

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

本研究ではサラダ用ホウレンソウをモデルとして集荷から包装し、出荷の段階まで6種のモデルを考えた。その中で、220 ppm の塩素を含む液での洗浄後、1 kGy のガンマ線照射を行うことで、安全基準である21 CFU/g以下になった汚染サンプルは全体の0.1%以下に減少した。さらに、この放射線照射の際に、通常の空気下で行うより、50% N2:O2、または100% O2下で照射する方が効果が高いことが分かった。この研究結果により、ホウレンソウ製造会社は安全な製品を出荷することが可能となると考えている。

危害情報 危害情報5750・生物的危害 サルモネラ 食品 食品包装詰常温流通食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |