JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





HACCP導入と品質管理への取組み

データ
文献番号 2642
文献名 HACCP導入と品質管理への取組み
英文名 ---
雑誌名 標準化と品質管理 Vol.52 No.4 (38‐45)
掲載年 1999
著者 落亨
発行機関 日本規格協会
概要

---

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

植物・ローズマリーから抽出した油は抗菌活性成分を含んでおり、うちα-ピネンはグラム陽性陰性菌を問わず幅広い抗菌スペクトルをもち(大腸菌は、MIC 0.8μl/ml以上で殺菌可能)、また、グラム陰性菌に対して効果のある1、8-シネオールには大腸菌の細胞膜を破壊する作用機構が示唆された。

危害情報 危害情報5832・生物的危害 指標菌としての大腸菌(大腸菌群含む) 培地


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |