JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





高品質生乳確保等に関する調査

データ
文献番号 2610
文献名 高品質生乳確保等に関する調査
英文名 ---
雑誌名 乳技協資料 Vol.40 (225‐240)
掲載年 1990
著者 山口千里 永田杉子 神崎文次 伊藤ゆかり 吉村すすむ 泊瀬川玲子 長田なかば
発行機関 ---
概要

全国を5ブロックに分け合計80路線の生乳を乳業工場の受入れ段階で採取し,720検体を1年にわたり調査。衛生的物質:ml当り細菌数100万以下87%,30万以下77.9%,生菌数10万以下74.6%,低温菌数5万以下71.4%,大腸菌数5000以下84.4%,夏期多く冬期少,地域差があった。耐熱性菌数50以下25.6%,100以下38.7%,かび数50以下87.1%,酵母数50以下52.6%,100以下61.4%,ぶどう球菌数50以下91.1%,体細胞数50万以下99.2%,30万以下89.4%,抗菌性物質

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

ブドウの葉の抽出液(GLE)のレタスにおけるポリフェノールオキシダーゼ(PPO)阻害活性およびポリフェノール分解活性を試験した。熱処理したGLEの方が未処理のGLEよりPPO阻害活性が高かった。GLEはレタスの褐変を抑制した。レタスからはプロトカテク酸、クロロゲン酸、コーヒー酸、p-クマル酸、クマル酸が検出され、これらのポリフェノールの分解活性はGLEにより抑制された。また、アスコルビン酸やクエン酸の添加により相乗効果が見られた。

危害情報 危害情報5833・化学的危害 食品 食品包装詰常温流通食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |