JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





真空包装辛子蓮根によるA型ボツリヌス中毒事例に基づく辛子蓮根製造過程のHACCPプラン作成の試み

データ
文献番号 2606
文献名 真空包装辛子蓮根によるA型ボツリヌス中毒事例に基づく辛子蓮根製造過程のHACCPプラン作成の試み
英文名 ---
雑誌名 日本包装学会誌 Vol.7 No.5 (231‐245)
掲載年 1998
著者 日佐和夫;林賢一;阪口玄二
発行機関 日本包装学会
概要

---

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

魚製品の真空包装や酸素量を減らしたCO2充填による包装と4℃以下の冷蔵による保存は有効であるが完全ではない。広く用いられている真空包装や乳酸ナトリウムによる保蔵効果はあまり効果のないことが証明された。とくに、有機酸の中でも広く使用されている乳酸塩の効果が低かったことは従来の見解とは異なり、この点はHACCP的には重要な指摘である。

危害情報 危害情報5823・生物的危害 食品 水産加工品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |