JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





腸管出血性大腸菌O157の一次鑑別のための「クロモカルト・コリフォーム/セロビオース分画鑑別平板」の評価

データ
文献番号 2550
文献名 腸管出血性大腸菌O157の一次鑑別のための「クロモカルト・コリフォーム/セロビオース分画鑑別平板」の評価
英文名 ---
雑誌名 日本食品微生物学会雑誌 Vol.15 No.3 (173‐176)
掲載年 1998
著者 越野せつ子 青木真里子 豊岡弥生 郡山洋一郎 中田善樹 斉藤香彦 甲斐明美 五十嵐英夫 高橋正樹
発行機関 日本食品微生物学会
概要

腸管出血性大腸菌O157(O157)の一次鑑別用培地として,1枚の2分画シャーレの一方に発酵酵素基質を成分としたクロモカルトコリフォーム(CC)寒天培地を,残りの分画にセロビオース(C)分解試験用培地を分注したCC/C分画鑑別平板を考案した。この平板の使用により,O157検査の省力化,迅速化,コストの低減等,多くの有用性が確認された

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

フルーツジュースに混入するE. coli O157:H7及びL. monocytogenesの低減を目的とし、高圧処理と9つのエッセンシャルオイルおよびその成分の組み合わせによる低減法を検討し、接種菌数を4logから5log以上低減できることを示している。

危害情報 危害情報5623・生物的危害 病原大腸菌 培地
危害情報5638・生物的危害 病原大腸菌 食品 清涼飲料水


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |