JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





食品の微生物学的安全性確保のための行政における“From Farm to Table¥″¥″ と畜場での衛生管理

データ
文献番号 2540
文献名 食品の微生物学的安全性確保のための行政における“From Farm to Table¥″¥″ と畜場での衛生管理
英文名 ---
雑誌名 日本食品微生物学会雑誌 Vol.15 No.1 (29‐33)
掲載年 1998
著者 中林良雄 塩野雅孝 清水泰美 西家亨 小畑敏 藤田雅弘 森田幸雄
発行機関 日本食品微生物学会
概要

温水高圧洗浄に耐える天井構築,給水管・スチーム管の逆流防止弁設置など施設面の改善事項,衛生標準作業手順書による点検管理など検査方法の改善事項,屠畜解体処理方法の改善事項について記述。施設・設備の衛生管理,屠畜・解体処理作業,分割処理作業は衛生標準作業手順書による衛生管理を実施し,給水・給湯管理,排水処理などもマニュアルやチェックリストを作成し実践

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

クミン,オレガノ,シナモン,クローブからのエッセンシャルオイルで、野菜に付着させた腸管出血性大腸菌O157の殺菌効果を検証した。その結果、濃度の低いクミン,シナモン,クローブでは、培養時間を長くすると菌が増えることが確認された。各エッセンシャルオイルの最小殺菌濃度は、オレガノでは0.05%、クローブでは0.10%、シナモンでは0.2%、クミンでは0.8%であった。

危害情報 危害情報5637・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |