JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





食品の微生物学的安全性確保のための行政における“From Farm to Table¥″¥″栃木県の対応

データ
文献番号 2539
文献名 食品の微生物学的安全性確保のための行政における“From Farm to Table¥″¥″栃木県の対応
英文名 ---
雑誌名 日本食品微生物学会雑誌 Vol.15 No.1 (21‐27)
掲載年 1998
著者 針谷光二 北林卓
発行機関 日本食品微生物学会
概要

産・学・官が協力した食肉衛生技術交流事業を紹介。養豚農家,ブロイラー生産農家,屠畜場,食肉処理場,食肉製品製造施設,販売施設など各施設の危害要因を明確にし,それぞれの危害要因に対する防止措置,管理基準,モニタリング方法,改善措置,検証方法を検討。さらに,危害発生の場合の重篤性について分析し,生産から消費に至る各段階のHACCP計画を策定

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

ステーキとしてカジキ肉は世界中で食べられており、とくに最近では高タンパク質低脂肪ということでダイエット食品としても注目されている。しかし、カジキ肉の保蔵性についての論文は非常に少なく、燻煙やオレガノ油による賞味期間の延長が知られる程度である。キチンから誘導したキトサン添加と真空パックにより組み合わせ法により、賞味期間が最長で17日に延長されるなど、HACCP的にも興味深い内容である。

危害情報 危害情報5643・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 水産加工品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |