JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





醤油麹に存在する[Bacillus]属細菌の醤油醸造に及ぼす影響 1 麹菌の生育を阻害する細菌の同定及び醤油醸造微生物に対する影響

データ
文献番号 2448
文献名 醤油麹に存在する[Bacillus]属細菌の醤油醸造に及ぼす影響 1 麹菌の生育を阻害する細菌の同定及び醤油醸造微生物に対する影響
英文名 ---
雑誌名 日本醤油研究所雑誌 Vol.24 No.2 (77‐82)
掲載年 1998
著者 田上秀男 高木広明 門脇清 遠藤隆史 信太治 高実繁
発行機関 ---
概要

醤油麹中から抗真菌物質を生産する細菌を分離同定し,生産する抗真菌物質をIturinと推定した。ペーパーディスク法を用いて抗菌活性を調べた結果,麹菌や酵母菌に対しては生育を阻害したが,乳酸菌や枯草菌,大腸菌には抗菌活性を示さなかった

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

HACCPシステムがきちんと稼働すれば、汚染箇所などの推定が容易となる。本文献で検出された低温性腐敗細菌であるPFは、ほとんどの場合生産設備やプラント環境の不十分なクリーニングとサニテーションに起因するので注意が必要である。また、本菌はバイオフィルム研究のモデル微生物としても有名な菌で、サニテーションプログラムの変更が至適された。全体的にHACCPの論文としても示唆に富む。

危害情報 危害情報5635・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 乳及び乳製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |