JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





食肉のサルモネラモニタリング日本獣医師会雑誌

データ
文献番号 2445
文献名 食肉のサルモネラモニタリング日本獣医師会雑誌
英文名 ---
雑誌名 日本獣医師会雑誌 Vol.53 No.7 (473‐477)
掲載年 2000
著者 後藤公吉;渡昭博;瀬ノ口芳文[他]
発行機関 日本獣医師会
概要

---

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

市販の低塩分および高塩分イカ塩辛および自家製低塩分イカ塩辛において、腸炎ビブリオの汚染と一般細菌数の変化を検討した。いずれのイカ塩辛においても、腸炎ビブリオの汚染は確認されなかった.市販品および自家製の低塩分イカ塩辛を25℃で培養すると一般細菌数が48時間で1,000倍近くまで増加したが、高塩分のイカ塩辛では一般細菌数は一定に維持されていた。それらのイカ塩辛に腸炎ビブリオを接種して,その増殖を検討したが、どのタイプのイカ塩辛においても,腸炎ビブリオの菌数の増加は見られず死滅した.本研究において低塩分のイカ塩辛でも腸炎ビブリオが死滅したことから、その生育および増殖の要因としてイカ塩辛の塩分濃度だけでなく、水分活性や添加物の影響も検討する必要があると考えられた。

危害情報 危害情報5715・生物的危害 腸炎ビブリオ 食品 水産加工品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |