JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





乳酸(塩)による微生物制御 1

データ
文献番号 21
文献名 乳酸(塩)による微生物制御 1
英文名 ---
雑誌名 HACCP Vol.3 No.1 (99‐106)
掲載年 1997
著者 松田敏生
発行機関 鶏卵肉情報センタ-
概要

欧米では食品の日持ち向上には乳酸が多く使用されている。乳酸は他の有機酸に較べて,細菌に対しては広い抗菌スペクトルを有し,pHの影響をあまり受けない。pH7.0でも抗菌性を有しており,乳酸菌に対しても効果を有している。また,乳酸ナトリウムはボツリヌス菌対策に効果があるが,真菌に対しては弱い傾向がある。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

乳酸塩を中心に有機酸の増菌阻止効果について総説した。リステリア菌を中心にその他の病原細菌(腸管出血性大腸菌、黄色ブドウ球菌、セレウス菌、ネズミチフス菌、ボツリヌス菌)また乳酸菌群や真菌類についての実験結果も示し、乳酸が広い抗菌スペクトルを持ち、その抗菌作用はpHの影響を受けにくいこと、および真菌類には抗菌作用がないことを示した。

危害情報 危害情報106・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食肉製品
危害情報107・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食肉製品
危害情報108・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 水産加工品
危害情報109・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 食品 食肉製品
危害情報110・生物的危害 ボツリヌス 食品 食肉製品
危害情報111・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 培地
危害情報2945・生物的危害
危害情報2946・生物的危害


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |