JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ

HACCP関連情報検索システムHACCPの導入実践の手引き食の安全のための指針リンク全文検索

食品衛生法について

食品衛生法

 BSE問題や偽装表示問題などを契機とする食品の安全に対する国民の不安や不信の高まりに対して、食品の安全の確保のための施策の充実を通じ、国民の健康の保護を図ることを目的として次の3つの視点に基づく見直しが行われました。

視点1 国民の健康の保護のための予防的観点に立ったより積極的な対応
視点2 事業者による自主管理の促進
視点3 農畜水産物の生産段階の規制との連携

変更点は次のとおりです。

目的規定の見直し

 法目的が「衛生の見地から必要な規制その他の措置を講ずることにより、飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止し、もって国民の健康の保護を図ることを目的とする。この法律は、食品の安全性の確保のために公衆ことにより、飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止し、もつて国民の健康の保護を図ることを目的とする。」と、食品の安全性を確保することにより国民の健康の保護を図ることを明記するように改正されました。

国・地方公共団体及び食品等事業者の責務の明確化

(資料)

「食品衛生法」
「食品衛生法等の一部を改正する法律」
厚生労働省食品安全部 「新食品衛生法の概要−食品の安全性の確保を通じた国民の健康の保護のために−」

関連情報

知りたい HACCPの概要を紹介導入したい 導入のためのプロセスを説明調べたい 専門用語を詳しく解説書籍・研究資料

JFIA一般財団法人食品産業センター 電話:03-3224-2380 | ご利用案内 | 免責事項 |